動物の帰巣本能

おはようございます。
気持ちの良い朝になりました。
予報ではしばらく好天に恵まれとか?そうなる事を願います。

さて、今日は「時々いぬねこ」犬編です^ ^
話がとても長くなります^^; 少しでも短くしたいのですが、
本日もやはり無理でしたq(^^;;

さて、ターシャはどうしてひとりで(一ぴき)家まで帰って来られたのか。
諸説あるようですが、帰巣本能は未だ解明はされていないようです。

ターシャを迎え、ひと月経った頃の話です。
その日の夕方の散歩も6:00頃出発しました。
散歩は、30分ほどいつもの道を歩き目的地に着きます。
目的地までは大きな交差点をひとつ渡り、信号機のないしかし
車はかなりのスピードで通る横断歩道、信号機のある小さな交差点の3ヶ所です。

その時間になると子供たちの姿もありませんから、ボール投げをして
遊ぶのがいつものことです。
ターシャはボールに全く興味のない犬でしたし、飛んでいる鳥をみつけると
その鳥を追いかけ走っていってしまうような犬でした。
そんなターシャでしたから、リードを離すことはその夜まではありませんでした。
しかし、長いリードを使い呼び戻しの練習を何回もしてきましたので、
車の心配もない場所だしと、気持ちも緩んでいたのでしょう。

たまにはターシャにもおもいっきり走らせてあげたくなりました。
しばらくはボーイのそばで遊んでいましたが、運悪く鳥の大群が近づいてきたのです。
それはもう大変です、私の声など耳に入りません。
あっという間に鳥を追いかけターシャの姿は見えなくなってしまいました。
走る速度はチーターのようです。ボーイは追いかけましたが、途中で戻ってきてしまいました。
30分ほどボーイを連れ、大きな声で探しました。
辺りは暗くなり、姿はみえなくなり。
ボーイを一先ず家に連れて帰り、再度探すことにしようと帰ることにしました。
c0353865_01214252.jpg
自宅のすぐそばまで戻ると、私に声をかけてきた方がいました。
「確か、小さな犬がもう一頭いましたよね?」
その方は近くの新聞店の方で、犬との散歩を何回か見かけたことがあったそうです。
なんでそんな事を聞いてくるのか????わからないまま「はい」と答えると、
「その子に似ている白っぽくて茶色の混じった犬が○○さんの庭に入ったり出たりしていましたよ」○○とは我が家のことです。

ターシャーと大きな声で呼ぶと、角から姿を現しました。
その方からは、30分以上ウロウロしていたと聞き、私たちより先に帰っていたのだと知り、これには2度驚いたという経験がありました。
事故に合う事もなく、ここに戻ってきたのだ。
あんなに離れているのに。はたしてボーイも帰って来られるのか?
未だに不思議なあの日のことです。ターシャに関して涙が出たのは、
その日以降はありません^^;
私は責任者としておおいに反省し、その後リードを離すことはしません。
我が家に来てひと月で散歩コースを学習。お座りや待てはまだまだ不完全。
野生の名残りは、色濃く残っている犬なのであります。

c0353865_01372614.jpg
野生の犬ではありますが、ミーコを可愛がり母性の強い犬でもあります。

長かったですね(^^;;
途中で消えなくてホッとしています、二度めを書く体力残っていません(ー ー;)

本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


[PR]
by tashabonbon02 | 2015-04-22 09:59 | 犬や猫
<< 昼ごはん、手抜きすることにしたんだ! 歳とともに好きも変わる >>