白髪を隠すのはいつまでにしようか。

月一度、カットもそうだが主に白髪を隠したい、綺麗にしたい、
そして少しでも若くしていたい。

カットも短いスタイルなので、できたら月一ではなくて3週間に一度ぐらいが
理想ではあります。

たまに極たまにですが、パーマをかけることがありましてね、
順序としてはカット➡パーマ➡カラーになります。

パーマ液を付けますと見えなかった白髪が否応無く目に入ってくるのですよ。
一気にお婆さんになってしまいます~_~;

でもね、短いスタイルなんだから白髪で通すのも悪くはないのでは?
美容師さんにそう伝えますとね、
「老けるわよ〜」承知してますって。
口紅も明るい色、ハッキリした色、お化粧もきちんとしないとね。

なぁ〜んてこと言われ、白髪生活にはなかなか踏み切れずなのね。

あぁ、ワタシはいつまで染め続けるのか。

ちなみに、ワタシの髪はヘアダイは一度も経験なく、ヘナカラーから
今はヘナとは違う植物のカラーなので、傷みもなく健康すぎるぐらいなの。
そのせいかパーマはあまりかかりません。

パーマってね、痛んだ毛質の方がしっかりかかってくれるんですってね。
カテゴリーをおしゃれにしたのはですね、カットもワタシの中ではおしゃれに
分類されてるので(^^;;

c0353865_11414912.jpg
昨日の東京は真冬並みの寒さでした。
こんな日はボーイの尻尾の側で暖を取りたがる猫です。

c0353865_11455103.jpg
ビーフシチューは浅草にある「よしかみ」のモノ。
こう言った手の込む料理はよういたしません。

買った方が美味しいです。







[PR]
# by tashabonbon02 | 2016-03-25 11:48 | おしゃれ

今日もつまみのUPです。

c0353865_16461630.jpg
小さなかわいいじゃがいもを見かけ、そう好きではないのに煮っ転がしを作ってみた。

残ったじゃがも一気に使いたく、じゃが入りスパニッシュオムレツ。

はんぺんを手で捏ね大葉を混ぜて焼いただけ。

タレはゆずポン酢に片栗でとろみを。

我が家にしては肉っ気なしのつまみでした。



[PR]
# by tashabonbon02 | 2016-03-23 16:51 | 今夜のつまみ

つまみのことと、肋間神経の痛み。

毎度毎度作っては写真に撮り、ブログへと公表しているワタシって。。。~_~;

どこかで何となく気恥ずかしくも続けているのです。

いえね、実はですね、今朝のこと。
大好きなブログを覗いてみたら。

他人にご飯を公表している意味。
理解に苦しむ。 確かにそうだね。
(ご子息からそう言われたそうです)
ワタシも感じてはいたのよ(^^;;
以前、プー太にも言われたことありますもん。

そうなの、癖かな〜今になっては習慣化してきたかもよ〜。
たいした料理でもないのにね〜(^^;; そう思いだすとやたらと恥ずかしい。

主婦としての最低限の努めを記録する。
そう思うしかないわね。

さて、術後のプー太。
三箇所の傷の奥で時たまビリッと電流が走るような痛みがあるらしい。

「分からないだろうな〜この痛み」

分かるはずもないことを言われてもね(ー ー;)
腹立つわ〜この言い方。

どうも切除部分の近くに走ってる肋間神経の痛みとか。
この神経を痛めるらしい、手術中。

長い人で二年、少ない人で一年ぐらい。
我慢だね、ほんと弱いんです。

c0353865_13032692.jpg
気温はまずまずながら、空気と風が冷たい。 花冷えです。

c0353865_13045776.jpg
c0353865_13050790.jpg
c0353865_13051903.jpg
恥ずかしいと言ってはみたが、今日もつまみをアップする。








[PR]
# by tashabonbon02 | 2016-03-22 13:07 | 暮らし

久しぶりに空をみました、ほんとにひさしぶり。

何日ぶりだろう、記憶を辿ってみれば。
確か先週の月曜日からだったかも。

ウォーキング、実に12日ぶりのことです。

身体が少し重く、階段を登るのもゆっくり。
あれほど軽やかに登っていたのに、身体は正直です(^^;;

持病と言うほどではないが、ワタシにはアレルギーがあり、
花粉症の他に時たま唇から下に蕁麻疹が酷く出ることがある。

植物、動物 そのどちらにもアレルギーは見受けられるが、
この日の症状のようなほぼ全身に出る蕁麻疹はそのどちらでもないようだ。
c0353865_16203357.jpg








蕁麻疹が喉の奥、気管に出ると危ないらしい。
今回もそこは外れてくれました。

プー太のことで少し疲れてたかな。
来月、一日ドッグを予約した。

c0353865_16105536.jpg
昼に食べた シンガポールチキンライス。

食べたい時がうまい時。










[PR]
# by tashabonbon02 | 2016-03-18 16:12 | 暮らし

帰り道、大事なものが見えました。

一体何時間待たせるのかな〜、疲れるよな〜眠くもなるし。
15:00に始まり終了は19:00でした。
まっ、麻酔の覚醒時間も含んでるし、このぐらいは当たり前か。

呑気な奥さんは術後に執刀医からの説明があると聞かされていましたが、
「いいのにな、遅くなるしイヌネコもお腹空かせていることだし、少しでも早く
帰りたいな〜」

ほんとにひどい妻です(^^;;

個室の説明室に呼ばれました。
Y先生からの説明に「あぁ、そうなんだぁ」「悪性だったんだ」
何故かぽかんと現実味のない話のようで、特にショックもなく、もちろん悲しくなんて
ありません。

プー太、当初の胸腺腫 ではなくて、胸腺癌だったようです。
てっきり良性だとお気楽に考えてた妻でした。

ターシャの心配ばかりしてたバチが当たったかな?

胸腺癌は発見がとても難しく、気づいた時には既に手遅れ、
稀な胸の癌だそうで、ここ癌センターでも非常に少ないそう。

よくCT検査の画像でみつけてくれましたね。
心臓の裏に隠れて発見も難しと。

プー太、何を思ったか昨年12月の初め「タバコやめる!」と宣言。
仕事辞めたら「辞める」なんて言ってましたが、一向に辞める気配なし。
相変わらず換気扇の下でブカリプカリ。
そのくせ、喉が弱くて風邪もひきやすい虚弱なオトコ。

ワタシからは一度たりとも「辞めて!」とは言ったことはない。

本気で辞めるなら禁煙外来行ったら。
そうだな〜行ってみるか。

そんなこんなで禁煙外来へ。
そこの先生に長年の喫煙なのだからとCT検査を勧められ、かくして本日に至ったと
言う次第でなのでした。

初期の癌、浸潤もない。

今回執刀してくれたY先生は、プー太自分で捜して決めた先生です。
今夜初めてお会いしましたが、プー太の感じたとおりの方でした。
信頼できる先生捜したね、でかしたぞ! 褒めてあげてもいいな。

先生にはプー太に癌のことを話すのは退院してからにしていただけますか。

そうお願いしました。

あれこれ考えては眠れなくなる気の小さなオトコなので…>_<…よろしくお願いいたします。

帰りの地下鉄でどっとチカラが抜けましてね、泣けてきましてね、
大切なものが見えたような。

CT検査を勧めて下さったA先生。
CT画像で見つけてくださった呼吸器科の先生、そしてプー太が惚れ込んだY先生、
命の恩人です。ありがとうございました。





[PR]
# by tashabonbon02 | 2016-03-10 00:28 | 暮らし