「あん」鑑賞、時には思いっきり涙もいいもの。

日本映画もいいな〜なかなかですよ。
歳のせいか映画も国産がいいなと感じてる。
何より気持ちが理解しやすい、考え方もね。

c0353865_13382643.jpg
樹木希林は日本映画には無くてはならない俳優のようだ。
思い病気を抱えながら、凄いな、強いなとおもう。

へそ曲がりな性格の方だから、この人があっちの映画こっちの映画に使われているのを
知ると、「あぁ、日本はやっぱり狭いな〜」などと偉そうに感じている。
しかしね、やっぱりうまいのですよね、サラッと口から出てくる言葉がズシンと響くもの。

悪人の希林さんも素晴らしい。認めざるえませんね。

現代でもライ患者を差別している人間がいるんだ。
無知って実に恐ろしい。

「やり残したことはありませんか?」

やり残しすぎです、ワタシ。

久しぶりに思いっきり泣きました。
たまには泣くのもいいものです。


c0353865_13503687.jpg
鯖の灰ぼしをそのまま焼くのも美味しいけれど、下味つけて胡麻つけて
片栗さっとふり焼きました。

c0353865_13510392.jpg
蕪 黄身わさび和え

c0353865_13504468.jpg
ヤリイカ肝和え


「あん」とはあんこのこと。
素人が簡単に餡子を作ろうなんていけませんね~_~; 反省。







[PR]
by tashabonbon02 | 2016-04-12 13:55 | 映画☆DVD
<< 猫の十戒を読み笑う DVDと山盛りキャベツ >>