補聴器、値段に比例しないものです。

今年11月が来ますと91歳になるワタシの父の耳の話です。

かれこれ10年前からでしょうか、補聴器の世話になっております。
しかしですね、本人曰く「余計な雑音まで聴こえてうるさい」とか。
なのでせっかく作ったのに(何度も作り直しているはずです)
ほぼ使ってもらえず、同居の妹にしたら会話をするのにも体力相当使うらしい。

確かに、たまに父と話すだけですがワタシもグッタリ、声って段々大きくなりますと
まるで言い争いしているかのような心理にもなるものです。

先日、父の検診で「おっ、これはいいですね〜」なるクリアーボイスを知りました。
簡単に言えば、音声拡声器、ガラケーをふたまわり小さくした電話のような形態で、
必要な時だけ耳に当て相手の声を拾ってくれる。

最近では役所や郵便局、銀行などでも老眼鏡と同じように置いてあるとか。

ワタシも買ってみようかな?
好きなDVDの日本映画って字幕が無いもの多いし、音声の小ささがあまりにもひどい。
普段テレビの時の音声数値が9〜10なのに、映画は45〜50ですよ!
ぼそぼそ聴こえイライラします。
観たい映画続々なのにね〜疲れるんです日本映画って。

c0353865_17261682.jpg
大好きな竹の子見かけますね、成りは大きいのに皮を脱がすとあれれ!って
言うぐらいチビ助。

茹でた筍の天麩羅は香りよし。
たらの芽の天麩羅も今年初だな。
c0353865_17263179.jpg
とり天

した味しっかりつけました。
男子ごはんからのレシピです。

c0353865_17264191.jpg
中の豆も大きくなりました。

c0353865_17265183.jpg
先日 鶏胸肉でハムを作ってみました。
美味しいはずですが、ワタシは苦手です(ー ー;)




[PR]
by tashabonbon02 | 2016-04-04 17:34 | 暮らし
<< 着ぶくれ筍の子 ある日のつまみ、3日分。 >>